« たまには現代アート | トップページ | 大切なペットの為のフェンス »

錆止めと中塗り塗料

Dscn0623 ペンキによる着色に一工夫。

鉄を使う以上錆はどうしても避けて通れない問題なので、

少しでも長持ちさせる為に錆止め塗料にエポキシ系を使います。

普通にホームセンターに売ってあるオイルペイントより錆の発生を遅くできるんですが

ダメ押しでその上から船舶の底に使うフタル酸系塗料を塗り、被服を硬くして

おきます。

そこで最後に黒の艶消し塗料を塗って仕上げれば雨に弱い艶消し塗料も剥げ落ちず

錆も大丈夫。

そりゃお客さんに余裕があれば亜鉛メッキすれば錆なんて問題にしなくて済むんですが

公共施設でもない限り予算に限界もありますよね。

船舶用塗料って中塗りには意外といいかも。

家の外向をご自分でペンキ塗りされると考えてる方には一度フタルサン系塗料を

お試しください。

フォースターではないのであくまでも部屋の内部での使用は避けてください。

かなりシンナー臭いですしフタル酸は有毒ですので(環境ホルモンたっぷり)

使用上の注意は必ずお守りください。

|

« たまには現代アート | トップページ | 大切なペットの為のフェンス »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/519243/26456308

この記事へのトラックバック一覧です: 錆止めと中塗り塗料:

« たまには現代アート | トップページ | 大切なペットの為のフェンス »