« 2009年4月 | トップページ | 2009年8月 »

テーブルが完成

Dscn0090       Dscn0149      テーブルが完成したのでお客様の元へ

 今回のお客様はブライトリングの

広報誌に載ってる戦闘機の写真を

Dscn0157s参考にして 欲しいと言うご希望で

テーブルの脚を艶消しの不思議なグレー色に塗ってみました。

テーブルを納める部屋の壁が何と同じ色調。

私の想像で調合した色とピッタリです。

きっとお客様の趣味も飛行機フェチ、いえいえ航空機好きがこのような形で

結びついたかと思います。

テーブルをセットし終えて直ぐにコーヒーで一服、鉄板とアルミリベット、金属の

鈍い光が心地よい時間となってました。

こういう仕事ってほんと楽しいですね。

           

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鉄の箸

Dscn0087_2 今回の鉄箸は黒をテーマにしてみました。

色付けはシルク。

日本に古来からある鉄の保護材です。

今回は布団店を営む友人から黄金真綿という天然蚕から取ったシルクを分けて

頂いた物を使いました。

鉄を程よく熱くしてそこにシルクを擦り付け焼け付かせるのですが、温度が高いと

焦げて茶色く濁った色になってしまいます。

狙ってる色は艶のある紫がかった黒色。

しっとりとした緑の黒髪?

桂離宮の襖にはまってる鉄の取っ手の色が欲しいと、何度もやり直してようやく

これなら表に出せるかと。

以前の漆塗りの鉄箸より素朴で無骨、華やかさは無いんですが、さり気無く

懐から・鞄から取り出して使ってみたら話題の一つも生まれてきそうな楽しさが

ある気がします。

因みに長さ220mm・重さ60g

携帯電話よりも軽く使ってて重さを感じないよう箸の中は空洞になっており

また、お茶席でお菓子をまわすときにも転がらないよう四角くなっております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年8月 »